スポンサードリンク

耳垢

湿った耳垢について

耳垢には(乾性耳垢)乾燥した耳垢と(湿性耳垢)湿った耳垢があります。
これは遺伝のようで、乾いた耳垢は劣性遺伝で湿った耳垢
優性遺伝です。

実は湿った耳垢の人は体臭が体質的に強いことが多いそうです。
湿った耳垢の原因は耳垢腺というアポクリン汗腺とほぼ同じ汗腺からの
分泌物が多い場合に湿った耳垢になるそうです。

湿った耳垢の人は耳垢腺の数が乾燥している耳垢の人よりも
多いようです。

湿性耳垢の人にワキガが多いと言われていますが
耳垢腺の数が多い人はワキガの一番の原因である
アポクリン汗腺の数も多いということかもしれませんね。

私も湿った耳垢なんですが、私自身はそんなに体臭は強くないので
体臭の強い人が多いという表現もうなずけました。

耳垢

耳垢のとりかた

耳垢のとりかた

耳の穴の入り口から鼓膜までの約3センチ
の長さのトンネルを外耳道といい骨部と軟骨部として
分かれています。

皮膚上皮が内側の骨部から鼓膜上をゆっくりと外側に移動していき
外耳道の外側である軟骨部にゆっくりと移動していきます。

そして、出口付近までくると皮膚が剥がれ耳垢となるのです。

つまり、耳垢の掃除とは基本的に耳の穴からかなり近い部分さえ
掃除していれば問題ないのです。

耳垢には乾燥しているタイプのかさかさのものと湿った
耳垢のタイプのネコ耳やアメ耳といわれるタイプがあります。


湿った耳垢の日本人は10〜20%いると
言われています。
実は私も湿った耳垢です。

日本では昔湿った耳垢である湿性耳垢の縄文人が
住んでいてある時から乾燥した耳垢のタイプの乾性耳垢の弥生人が
きたといわれています。

湿った耳垢をとるときに綿棒を使っていると耳垢が奥に入って
しまい耳垢栓塞となることがあるようです。

耳垢栓塞は耳垢が耳の中にたくさん溜まりすぎた状態の
ことをいい、耳の痒みや耳が聞こえにくくなったり耳鳴りなどが
おきるようです。

耳鼻科できれいにとってもらった方がいいです。
いろいろな方法できれいにとってくれますよ。


でも、耳垢をきれいにしようと自分自身で
耳掃除をしすぎて外耳炎になったり外耳道を傷つけて
耳が痒くなることや先ほど述べた耳垢栓塞になる人も多いです。

耳垢掃除のしすぎで外耳道を傷つけると水様性の耳だれや
皮膚のびらん外耳道真菌症になったりするなどの湿疹性外耳道炎
になることがあります。

耳垢のとりかたのアドバイスをするとすれば
1週間に1回ぐらい軽く綿棒か耳かきなどで耳の穴から
1センチぐらいあたりの耳垢を少し取る程度でいいでしょう。

どうしてもきれいに耳垢をとりたいという人には
やはり耳鼻科の専門医の方にとっていただくことをすすめます。

私も普段は軽く耳垢をとって、年に2回だけ耳鼻科で
耳垢を取り除いていただいてます。

値段も高くないですしやはり安全にとりたいので。


あと耳垢をとるときの注意としては

周りに人がいない所でそうじする。
(誰かとぶつかって鼓膜に穴が開く事故を未然に防ぐため)

座ったりしてそうじする。
(コケテしまって鼓膜に穴が開く事故を未然に防ぐため)
があります。

耳垢の掃除は軽く安全に行うことが大切ですよ。







Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。